生産効率の高い両頭研削加工を少ロット(1,000個から)で対応します

両頭研削工房

立石ファイバー株式会社

両頭研削工房の強み

両頭研削工房の強み1

【両頭研削工房の強み その1】
            上下面積が異なるワークで、ほぼ上下同じ取り代での研削が可能。

【製品名:プレート(エンジン用部品) 材質:SCM415 浸炭焼入れ】
下記のワークは上面積が77m㎡、下面積320m㎡で下面積は上面積の4.2倍となっています。
上下面積が異なるワークは取り代を設定しても面積の小さい面が早く研削され、上下で同じ取り代を
設定するのが非常に困難です。
当社では、各種の条件を設定することで同じ取り代を確保するようにしています。

両頭研削工房の強み